賃上げと生産性向上(働き方改革その2)

生産性向上に対する物差しはいろいろあると思いますが、労働行政においては、人件費がアップしても付加価値が上がるといういう見方のようです。 ただ、実業の世界では一人当たりの営業利益を上げていかないとどうにもなりません。 行政側としては、賃上げもして、設備投資をした結果、売上拡大につながり生産性が上がるということのようです。 縮小均衡という考え方ではダメで、売上拡大、利益拡大、賃上げもして賃…

続きを読む

一億総活躍の国創り(働き方改革)

衆議院の解散が決まりました。 安倍政権において「働き方改革」なる取り組みが行われています。 これが選挙の争点になることは考えにくいのですが、 労務管理上、重要な政府の取り組みですので、しばらくこの件について取り上げていきたいと思います。 私は、これに関する仕事を一部請け負っているところもあり、本来は企業や一般の人に向けて、政府の取り組みを啓蒙する立場ですが、ちょっと思うところ…

続きを読む

コンプライアンス経営

電通の裁判が報道されていました。 この裁判についての解説は置いておきますが、コンプライアンス経営という切り口から少し考えていきたいと思います。 コンプライアンスとは、法令遵守(ほうれいじゅんしゅ)や企業倫理を守ることで、それがまず前提としてあった上で、経営効率を考えていくのがコンプライアンス経営でしょうか。 法令遵守と言いながら、結構難しいのが残業代の支払いです。 なぜ難しいのか…

続きを読む