働き方改革について

construction-1510561__480.jpg

今日は珍しく営業的な仕事のアピールです。
ちょっと思うところもありますので記事にします。

働き方改革については、約2年前くらいから記事を上げています。
その時は、首相官邸のホームページに上げている資料を引用して、結構批判的に論評してきました。
それは、働き方改革という考え方を日本の法律に落とし込んで、実際の生産性を上げるための途上の議論でしたので、別に批判することは何も問題ないと思います。

興味のある方はご覧ください。

記事を読まれたらお分かりの通り、私は働き方改革については、かなり懐疑的な考えでしたので、法律が国会を通過した後はこの仕事にはあまり関わらないでおこうかなと思いましたが、

ここ1、2ヶ月で、厚生労働省の請負事業の仕事の一部を引き受けることになりました。
話がきて困っている人がいるのなら、少しでも役に立てれば良いでしょうし、
やるからには、事業者さんの力になるべきでしょう。
また国の機関である労働局や労働基準監督署などそこで働かれている方たちの一助になれば良いだろうと思います。


最近は、テレビなどで働き方改革について言及しているような番組もあるようですし、PR活動もやっているようですが、実際の浸透度はあまり芳しくないようです。

逆にある程度の上場企業や労働組合のある会社などは、国の支援事業の前に対応は着々と進んでいるようでもあります。

働き方改革について理解も十分でその対応も進んでいるのであれば、何も問題はないのですが、よく分からなかったり、どのように対応をすべきかが不明瞭な経営者さんや担当者さんは、この国の実施している事業を活用すべきでしょう。

当然、相談は無料です。
しかし、国の事業ですから税金で賄われています。
その税金は御社も払っているわけですから、実は只じゃないんです。
使わなきゃ損だということです。

確かに今回の働き方改革の関する法律改正は、企業にとってかなり負担になっている部分もあります。国もそれがわかっているから、助成金なども整備して使いやすいような環境を作ろうとしているのです。


働き方改革について疑問があったり、どのように対応すべきか苦慮されている。あるいは、行政に文句のある方なども是非お問い合わせください。

下にリンクを張っておきます。

私は佐賀県在住ですが、佐賀働き方改革推進支援センターはフリーダイヤル対応となっています。

厚生労働省ホームページ
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000198331.html

各センター一覧
https://www.mhlw.go.jp/content/11909000/000568806.pdf

佐賀県ページ
http://saga-hatarakikata.com

business-adviser-analyzing-financial-figures-260nw-283236740.jpg

この記事へのコメント