日々是好日(ひびこれこうじつ)

closeup-alarm-clock-having-good-260nw-516771487.jpg
朝起きて、今日は良い日であるように祈ると良いとありますが、
実は、これが引き寄せの元であると思います。

じゃ、今日は悪い日になるような予感がすると思う方が良いのか、
そんなことはないでしょう(笑)

今日も良い日であるようにという対象が自分自身であるのであれば、
今日は良い日じゃない可能性があるという潜在意識に働きかけてしまっていることになります。
自分以外の人にとって良い日でありますようにと祈れば、自分が悪い日になるという意識にはならないでしょう。

あなたが他の人の幸福を願ったのに、万が一その人が不幸な目にあったら、
あなたはどう考えますか?
良心の呵責に苛まれますか?

私はその必要は無いと思います。
なぜなら、人は他人の想念によって不幸になることは無いのです。
その人の不幸はその人の責任です。
言い換えれば、自分の不幸は自分の責任です。

例えば、心でも身体においても、傷つけられたら、その傷つけたあの人が悪い。
そのように考えがちですが、

その原因も私にあるというのも忘れてはいけません。

どう考えても、一方的にある人が酷い目にあった。
というケースもあるでしょう。
それはどう説明するんだ、と思われる人もおられるかもしれません。

girl-3421489__480.jpg

私は他人の不幸に同情するのと、自分の招いた現象については別だと思っています。
つまり、自分の身の回りに起きていることは、良いことも悪いことも自分が招いたと考えるべきと思っています。

ちょっと禅問答的になりますが、
これは私の考えなので、あなたがそんなことは無いと思われたら、
私は、あなたのその考えを否定するつもりはありません。
これは単に私の見解だからです。

あなたが、じゃこの場合はどうなんだと、私に問えば、
それこそ禅問答になりますので、これくらいにしておきましょう。
話を戻して、

朝起きたら、どのように迎えれば良いのでしょう。
「私の今日は最高の1日になる、最高の1日にする」
と思えば良いと思います。

自分のことは断定しましょう。
それが自分に与えられた時間に対する責任だと思います。
もしかしたら、最悪の1日になるかもしれません。
でも、それは自分の責任です。

最悪の1日であったのなら、なぜそうなってしまったのか、
手短に反省して、明日は良い日にしようと決意します。
そして次の朝「私の今日は最高の1日になる」と思うのです。

私たちの人生は私たち自身の責任で如何様にもできますが、
人様の人生は、私たちの力では如何様にもなりませんしできません。

ですから、それ(人様の幸福)は神様にお願いしましょう。祈りましょう。
その対象は、赤の他人でも知り合いでも親子でも配偶者でも良いでしょう。


これにて「日々是好日」となると思うのですが、


さて、いかがでしょうか。

sun-1305741__480.jpg

この記事へのコメント